自宅でダイエットしながらできる健康的な運動について調べてみた

ダイエットに挑戦したいけれど、自宅のなかでできる効果的な運動ってどんなものがあるの?と疑問を持たれる女性は少なくないと思います。そこで、この記事では自宅のなかで実践できる健康的な運動について調べてみることにしました!

 

★スクワットと腹筋はどっちが効果的?

ずばり、自宅で継続できる運動でダイエットの効果を生みだしやすいのはスクワットです!

 

ダイエットを行うための運動のなかでは有酸素運動が最も効率的に体の脂肪を燃焼させます。そして、スクワットは、その有酸素運動のなかでも、安定した姿勢で自宅でも太ももやおしりだけでなく、体幹(全身の基礎を支えている胴体部分)を鍛えることができます。

 

肩幅程度に足を広げ、姿勢を正して、つま先と膝を同じ方向に向けながら、最初は無理なく膝を曲げます。この時、両腕を前に突き出してバランスをとることをおすすめします!実際に私も実践してみましたが、これは椅子で起立、着席を行う時とほぼ同じ姿勢なので、膝への負担が少なく、怪我をするリスクもほとんどありませんでした!(実際に家の中にある4脚の椅子など、バランスが固定されたもであれば使っても構わないそうです。)

 

一人暮らしの女性はもとより、お子さんがいるご家庭や、ご高齢の方にも無理なく実践していただける、というのがスクワットのメリットです。

 

しかし、注意点もあります。慣れてくるに従って、かがんだ状態をキープしてみたり、回数を増やしていくのですが、最初と最後のストレッチは欠かさないでください。これを怠ってしまうと、ふくらはぎがつってしまったり、太ももへの過度な負担が蓄積されてしまう原因になります。

 

★腹筋はダイエットに向いていない?

では、方や腹筋はダイエットの効果がないのでしょうか?一概にまったく効果がない、ということではないのですが、脂肪を燃焼させる効率はスクワットに比べるとあまり良くないようです。

 

腹筋を数回行うことは、無酸素運動をしているのと同じであり、極端に言えば、腹筋100回以上=スクワット10回前後に相当する、というデータもあります。

 

自宅でのダイエットで何百回も腹筋をする、というのは、あまりにもハードルが高いですし、まして社会人女性ともなると、早朝や仕事の帰り道に、わざわざジムに行かなければならないわけで、そんな時間はまず取れませんよね。

 

このように、ダイエットの効果も発揮しながら、健康的な生活にも導いてくれる自宅での運動は様々ありますが、簡単なスクワットからであれば、腹筋のように無茶をせずに続けられるので、苦にならず今日から実践できるのではないでしょうか?